天然木をわずか0.2mmにスライスしたDIY素材、クラフトウッドペーパーとは。

What's craft wood paper?

HOME  |  ウッドクラフトペーパーとは  |  使い方  |  作例  |  お問い合わせ  |  ショップページ

ウッドクラフトペーパーは、折紙や画用紙のように簡単に切ることができて、貼ったり、曲げたりできる木のシートです。ノコギリやトンカチを使わずに、木の風合いを活かしたクラフトが楽しめます。手芸や工作、インテリア用品のアレンジなど、趣味のクラフト・DIY素材としてお使いください。

0.2mmの薄さなので、ハサミやカッターナイフで簡単に、好きな形に切ることができます。

クギは使わなくて大丈夫。木工用ボンドや両面テープなどで、様々なものに貼ることができます。

薄いうえに、裏面に特殊な和紙が貼ってあるので、曲げても、割れることはありません。

クラフトウッドペーパーは、家具や住宅建材などの仕上げに使われる産業用素材「突板(つきいた)」です。

突板(つきいた)とは、木材から突いて削り出した紙のように薄い板、英語ではスライスドベニヤと呼ばれます。突板の価値はその美しい木目にあります。タンスやキャビネットなどの家具、柱や壁やドアなどの住宅資材、ギターなどの楽器やクルマの内装など、さまざなモノに化粧材として使われています。また、その起源は古く、エジプト文明の王族の家具などにも使われているそうです。日本でも奈良時代には突板貼りの工芸品がつくられていました。箱根細工も突板貼りの工芸品の1つです。

突板を切り出す木材は、直径1メートル、樹齢100年を超えるような丸太です。ここから大きなスライサーを使って、厚さ0.2mmの突板を切り出します。突板に求められるものは、美しい木目と大きな面積です。1つの丸太から数万枚の突板を切り出しますが、残念ながら製品にならない部分があるのです。

そこで私たちは、産業用の製品にならない小さなサイズの突板をクラフトやDIYの素材として一般向けに販売することにしました。今まで突板を知らなかった方々が、新しい素材としてウッドクラフトペーパーを使用されれば、木材の有効活用につながります。長い年月をかけて育った木材を大切にしたい。それが私たちThursday/サーズデイの考えです。

Copyright(c) 2016 Thursday/サーズデイ.All Rights Reserved.

当サイトに掲載されている全ての動画・画像・文章・情報等は著作権により保護されております。

許可なくこのサイトの内容の全て又は一部をいかなる手段においても複製・転載・流用・転売・複写等することを固く禁じます。

ウッドクラフトペーパーのお店 Thursday/サーズデイは以下の2社で企画・運営してします。

突板の製造・卸

一級建築士事務所